海外で働くとなったときには、現地の企業に直接採用される「現地採用」という働き方、もしくは日本の企業で採用された上でインドネシアに派遣される「駐在員」という働き方があります。

これはインドネシアに限ったことではなく、海外で働く場合にはこの二通りの働き方について知っておきましょう。

[違いを把握]
現地採用と駐在員では給料体系に大きな違いがあります

インドネシア駐在

駐在員の給料は、日本で支給されるのと同じ基準で、そこにさらに海外手当や住宅手当などがついたりします。

そのため、日本で普通に働いているよりも良い給料がもらえるわけなのです。

物価の安いインドネシアならメイドも雇えて高級なマンションで裕福な生活を送ることが出来ます。

また、保険やビザの手続きなどもすべて会社が支援するのが一般的です。

インドネシア現地採用

この場合には、インドネシアのレベルに合わせて給料が計算されます。

駐在員よりは低いですが、現地のインドネシア人とまったく同じわけではありません。

インドネシア人の平均月収は、日本円にすると大体2万円前後ですが、日本人の場合には働き先の企業やポジション、スキルなどによっても違いがありますが20万円前後からのスタートになるでしょう。

管理職や技術者では40万円からという求人も見られます。

駐在員でなくても比較的安全なマンションに住居を置き、社用車を与えられ周りの日本人ワーカーと同じような場所で生活する事が可能です。

インドネシア駐在の求人募集を探して転職するには?
[人材紹介会社の活用]

現在インドネシアでは日系企業の進出が盛んな割に日本人労働者が少ない現状があり人材不足となっています。

企業は駐在員より現地採用で募集して現地化を進めたい意向がありますが、人が集まらないため駐在での求人募集をかけるケースも見られます。

求人を探すには人材紹介会社を使って企業を紹介してもらうのが近道でしょう。

とくに駐在員での募集という事になると、日本国内で使えて大手との取引数が多いところのサービスを活用すべきです。おすすめを2つお伝えしていきます。

Recruit Agent

リクルートが手掛けるサービスの1つで海外志向な人材、海外で通用する人材にスポットを当てたサービスです。

非公開の求人を多く持ってる場合があるので、登録して開示してもらると良いでしょう。

パソナキャリア

古くから海外転職の支援を行っているパソナグループの1つで、国内で活用できるサービスです。

インドネシア駐在の求人も探してもらうことが出来るでしょう。

インドネシア転職までの流れ

駐在員としての募集は比較的少ない現状があります。既に会社内で適任が居ればその人にインドネシアへ赴任してもらう事になるからですね。

求人が見られるのは新規プロジェクトの立ち上げや、現地でのマネージメント、マーケティングの仕事などが見られます。業種としては商社、IT、そして製造業です。

人材紹介会社は登録すれば無料でサービスを受ける事ができます。会社を紹介してもらう事の他、書類提出なども仲介してもらえます。

推薦を出してくれたり、面接の支援をしてくれる場合があるのでうまく活用することです。

駐在の求人はほとんど日本の会社から出ているので転職の流れも一般的な日本での活動と同じと想定しておけば問題ありません。

登録→面談(ヒアリング等)→求人紹介→書類→面接→入社

が一般的な流れです。気に入る会社が無ければ何度でも依頼して仲介してもらえれば良いのですが、どうしても選り好みしている人ほど先に進まない傾向もあります。

入社後の条件(昇給・給与・待遇等)はスタッフに間に入ってもらって交渉すると良い結果になる事が多いです。

インドネシアで生活をスタート

駐在員の場合は会社から住居を与えられるか、住宅手当が支給されるのが当然です。

念のため求人欄を確認すること、面接時に質問などしておくことをおすすめします。

駐在員がよく住んでいる場所はスナヤンという地域です。この地域には日系、外資系企業の社員が生活の拠点としている事が多いです。

またショッピングモールや、歓楽街も近くにあるし日系のショップもあります。

家族帯同で住んでる人が多いのはボンドックインダという地域。学校にも通いやすいです。

多くの会社はジャカルタの中心地に拠点があり、そこでの生活を想定しておけば大丈夫です。

製造業の工場などはそこから30kmほど離れたエリアにある事が多いです。工場勤務の場合はその中で暮らす可能性が高いですね。

いずれにしてもインドネシア駐在の求人を探す際に条件や待遇をチェックするようにしましょう。

ページの先頭へ