滞在や生活の楽しみの1つ、インドネシアの食

インドネシアでの就職や転職するなら、日常的にインドネシアの料理を食べるようになることかと思います。

日本人にとって有り難いのが、インドネシアの主食は日本と同じくお米であるということです。

そのまま食べる他にも、ナシ・ゴレンというチャーハンのような料理にして食べることもあります。

日本のチャーハン(焼き飯)は、どちらかというとしょっぱい味付けですが、ナシ・ゴレンは甘めのソースで味付けしてあるのが特徴です。

インドネシアの料理は大体が濃い目でさらに甘めの味付けになっています。

また、辛い料理はとにかく辛いので最初は少し注意が必要です。

辛いものが好きという方でも、唐辛子の種類や、料理に入れる量は日本とは異なりますので、食べ過ぎてお腹を壊したり、胃を傷めてしまうケースも少なくありません。

その他には、ミー・ゴレンという焼きそばのようなものもありますし、中国の文化も浸透していますので、豆腐や野菜炒めなど違和感なく食べられる料理がたくさんあります。

中国から伝えられたとされる豆腐は「タフー」、そして日本の納豆を固めたようなものを薄くスライスしたものは「テンペ」と呼ばれて日常的にインドネシア人に食べられています。

また、日本に比べるととても物価が安いので、毎日インドネシア料理を外で食べたとしても食費は大してかかりません。

たまには日本料理が食べたい…という場合にも、ジャカルタならば日本食レストランはたくさんありますから安心です。

ページの先頭へ