会社により異なる、医療補助の福利厚生

働く先の企業によって、それぞれ医療費に関する取り決めが違っていますから、きちんと確認しておくようにしましょう。

たとえば、会社が海外傷害保険や海外旅行者保険といった医療保険に加入してくれることもあり、そういった場合には指定された病院にて治療を受ける場合にはキャッシュレスで安心して受けることが出来ます。

ただし、こういった医療保険の場合には、目に関することや歯に関すること、そして出産に関することなどで病院にかかる場合の治療費はカバーされないのが一般的です。

こうした医療保険に加入するのではなく、企業によっては会社側から医療補助を受けられるようにしていることもあります。

キャッシュレスで病院にかかることが出来るわけではなく、先ずは最初にご自身で治療費を支払っておき、その後領収書を会社に提出して請求する形になります。

こうした医療補助のサポート体制でしたら、医療保険ではカバー出来ない目や歯、出産に関する治療や手術に関しても補助されるメリットがあります。

デメリットとしては、決められている上限額を超えてしまった場合には、自己負担分が発生するということです。

この医療補助の上限金額は、多くの会社で1年間あたり2ヶ月分のお給料金額までとなっています。

医療保険と医療補助、どちらのサポートが受けられるのかは、インドネシアで生活をしていく上でとても大切なことですから、必ず就職前に求人情報や、面接や契約書をチェックしておくようにしてください。

ページの先頭へ