ジャカルタ渋滞は酷い、余裕ある行動を
しかし現地人は時間に寛容

日本でも時間帯やシーズンによって交通渋滞が起こりますが、インドネシアの渋滞というのは日本とは比べ物にならないくらいにひどいものです。

特にジャカルタなど主要都市を走る道路では、車を道路の面積を超えるほどに走っているようにも言われていて、毎日どの時間帯でも渋滞に悩まされることになってしまいます。

しかし、インドネシアでの就職や転職を考えているならば、その状態は当たり前だと思っていた方が良いでしょう。

毎日の渋滞にイライラしていては、インドネシア、特にジャカルタで生活するのは難しくなってしまいます。

日本人がインドネシアでの就職や転職をした場合の通勤手段は、駐在員として派遣されている場合にはほとんどの方に会社から社用車と運転手をつけてもらい、出勤時・帰宅時には送り迎えをしてもらうのが一般的です。

自宅から歩いて会社に向かったりするのも道や治安が悪かったりすることもありますし、地下鉄なども通っておらず、現地の方々が利用している乗合バスなども多少の危険があったりして、慣れないうちには不便に感じるかも知れません。

車で送り迎えをしてもらうにしても、渋滞を避けることは出来ませんから、本来なら数十分で到着するような場所であっても片道一時間以上かかってしまうような通勤時間になってしまうこともあるので、これはインドネシアにいる以上は仕方がないことだと思っておいた方が良いでしょう。

時間を潰せるアイテムを持っておくと便利です。

ページの先頭へ