[どれが重要?]
英語・インドネシア語・日本語、職場によりけり

駐在員としてインドネシアで働くとなった場合には、どれくらいのインドネシア語の語学力が必要なのだろう…と心配になるかも知れません。

ただし、駐在員の場合にはインドネシア語がどうしても必須というわけではないケースがほとんどです。

もちろん、全くインドネシア語が分からないよりは多少分かった方が毎日の生活の上では役に立つかと思いますが、仕事で積極的にインドネシア語を使うようなことはあまり無いでしょう。

渡航してからでも新たに学んでいこうという姿勢は大事ですし、面接までに挨拶などの簡単なフレーズくらいは覚えておくのも良いでしょう。

日々の業務では、日本語を使って日本語が出来るインドネシア人や、インドネシア語が堪能な日本人の現地採用スタッフなどに通訳をしてもらう形をとる場合もあります。

もしもインドネシア語が出来ないのであれば、英語力が求められます。中級レベルの英語力は必須であることが多く、企業や職種などによってはビジネスレベルの英語力が必要だという場合もあります。

語学力があまり高くない方でも、インドネシアでの就職や転職を希望する場合には、駐在員としての仕事の方が良いかも知れません。 ただし、その分その人にしかない専門的なスキルだったり、経歴など人よりも長けたものをもっていないとなりません。

通訳をつけてでも採用したいと企業に思われるような人材かどうかがチェックされるのです。

ページの先頭へ