管理職・リーダー経験者に有利な駐在求人の案件

インドネシアへ駐在員として派遣されるのであれば、もちろんインドネシアの現地の人と同じレベルの仕事ではなく、管理職としての役割が求められるケースが多いでしょう。

インドネシア人たちの要望を聞いてあげたり、逆に日本の本社の考えを上手に現場に伝えていったりと、日本と現地の橋渡し役としての働きをしなくてはならないのです。

お互いのそれぞれの国は文化が違いますから、そこをきちんと理解した上で円滑にコミュニケーションをとっていくスキルが必要になってくるでしょう。

今まで日本では管理職としての経験がまったく無い場合、いきなりインドネシアでそういったポジションを任されることはあまりありませんので、リーダー、マネージャ職など日本での管理職の経験を持っている方が優遇されます。

50代、60代などのベテランの方でも、インドネシアで転職するにあたって特に年齢制限が設けられているわけではなく、逆に豊富な経験や特別なスキルを持っていれば積極的に採用されるでしょう。

若い方、管理職の経験が無い方の場合ならば、ある程度日本で経験を積ませてからインドネシアに派遣されるケースもあります。

こうしたポジションで働くのであれば、お給料も期待出来ますし、福利厚生もきちんと整っていますので、インドネシアでとても快適な生活が送れることでしょう。

住宅も日本だったらなかなか手がでないような、いろいろなサービスがついている高級ホテルのようなところに住むことも可能なのです。

ページの先頭へ